女性だからこそビジネスバッグにも凝りたい!おすすめのタイプは?

ビジネスの世界の女性が進出してから、随分と年月が経ちました。

今ではさっそうとしたビジネスウーマンの姿が、そこそこに見えるようになり、仕事の上でも男性に引けを取らないビジネスウーマンが多くなっています。

そんなキャリアウーマンだからこそ、持ち物味もこだわりたいですね。

ビジネスバッグ、どんなものがおすすめなのでしょうか。

ビジネスバッグは仕事の必須アイテム

昔に比べて仕事で利用する荷物は、紙の書類が減った分少なくなった、と思う人も実際減った人もいます。

パソコンの普及で、確かに紙の書類などは減ったようにも見えます。

しかしそれでも、まだまだ紙の書類や資料も多く、これを入れるのにも大きなバッグが必要です。

もちろんパソコンの収納も、しっかり出来ないと話になりません。

ある意味、昔よりも持ち物が多くなってしまった感もありますね。

そのため、昔のいわゆるサラリーマンが空手で、新聞紙だけポケットに入れて通勤というような気楽さは、今では無縁になったかもしれません。

ビジネスマンもビジネスウーマンも、かなり大きな荷物を持って通勤していますね。

特にどうしても、男性に力では劣ってしまう女性としては、この大荷物を入れるバッグの吟味はしっかりとしたいものです。

ビジネスバッグのタイプだって色々

男性の場合どうしても、黒のショルダーバッグとかバックパックという、地味なイメージがビジネスバッグに定着しています。

しかし女性の場合、そういった固定観念のないのが、嬉しいところですね。

最も定番のショルダータイプ

ショルダーバッグは元から、女性のためにあるようなバッグでした。

買い物にも通勤にも、それが加えてトートバッグならば、多くの持ち物を入れられます。

肩にかけられるので、それなりに重くても移動はそこそこ楽です。

うまく肩に安定してかけられれば、両手も自由になりますので動きの自由さも確保できます。

普通のトートバッグだと、あまり仕切りがないのが辛いところですが、今ではバッグ・イン・バッグも普及していますので対応ができるようになりました。

バックパック型ビジネスバッグ

ちょっと利用の仕方が、女性の場合は難しいのがバックパック型です。

どうしてもカジュアルに見えてしまうのが、これは男性もですが、仕事上で使うのに難しさを感じますね。

普通に通勤する際は、パンツスーツなどだと特にスマートさを強調できますので、おすすめのタイプです。

また完全に両手が空くので、急の場合でも対応が楽にできます。

両肩に重さが分散されますので、力に自信のない女性の場合は、非常に楽に利用ができるのが嬉しいところです。

キャリーバッグ型

近頃普及しているのが、このキャリーバッグです。

もともと旅行用のスーツケースとして普及したバッグなので、重い荷物を運ぶのには便利ですね。

プレゼンなどどうしても資料が多くなる場合、こうしたバッグだと移動が楽です。

ただこの手のバッグ、ラッシュアワー時の利用は他の人の迷惑になるので、いささか使いづらいです。

場所と状況があえば、力仕事は苦手な女性でも楽に移動できるという点ではおすすめです。

どのビジネスバッグを選ぶかは実は楽しい

男性の場合どうしても、ビジネスバッグは実用的なものが優先されます。

差別だと言われるかもしれませんが、ビジネスマン自体のイメージが、おしゃれよりも有能さ優先と行った感があります。

そんな気の毒な男性と違って、ビジネスウーマンの場合着るものも一律にスーツというわけではありません。

またカラーにしても、グレーや紺ばかりでもありません。

なので面倒なの、被服費が馬鹿にできないの、とぼやきながらも女性陣はやはり、おしゃれを楽しんでいるものです。

そんな女性の使うビジネスバッグもまた、選ぶのが楽しいと言っていいでしょう。

色やデザインを、その日の通勤着に合わせて選ぶのは、通勤という通常の1日にちょっとした華を添えてくれますね。

いくつかのバッグを用意して、色やその日の予定に合わせて使い分けもまた、女性の特権でもあります。

どんなビジネスバッグのタイプでも

こんなふうに色々なタイプや色のビジネスバッグを利用できるので、逆に選ぶのが難しいという声も聞こえてきます。

これだけはという条件を並べてみましょう。

バッグの色合いはスーツに合わせたい

バッグと着る物の色合いは、やはり揃えたいものです。

でもそんなにたくさんバッグの色を揃えるなんて、不可能ですね。

なので無難なところで、バッグの色を薄いベージュや黒にしておくとどんな洋服にもフィットします。

ベージュと黒などのソリッドカラー系のものが濃淡1つずつあると、大抵の洋服に合うので2種類の色を揃えておくと便利です。

仕切りは多いほうが

女性の場合男性と違って、化粧品などの小物も多く持ち運ぶことになります。

仕事上の荷物とこれらが、バッグの中でごちゃごちゃにならないようにしたいものです。

そのためには、仕切りの多いビジネス用のバッグを選ぶか、もしくはバッグ・イン・バッグやポーチ、ファイルなど使って区分けをしっかりしてください。

使い勝手もよく、取引先の前で肝心の書類が見つからなくて慌てるなどということもなくなります。

出来ればパソコン専用の仕切りも欲しいところですね。

まとめ

女性の場合男性と違って、通勤着の色にしても様々なカラーやデザインでお洒落ができます。

そんなビジネスウーマンの利用するビジネスバッグですから、やはりここは着ているものにも遜色ないバッグを選びたいですね。

機能で選ぶことも、オシャレ感覚で選ぶこともあ出来るのは、女性の特権です。

楽しく充分に利用してください。